ジュニパーベリー茶(ジュニパー茶)

甘くピリッとした風味で肝臓・腎臓・リウマチを改善するお茶で有名。 利尿作用があり、むくみや肥満防止に役立ちます。
ハーブティー専門店「e-ティザーヌ」写真提供

ジュニパーベリーは常緑灌木で秋に実をつけます。
ジュニパーベリー茶は、熟した実を乾燥させた物を使用し、お茶にしますがウッディーで甘くピリッとした風味が特徴です。

リウマチや肝臓・腎臓の障害に役立つ自然の薬として有名です。

汗や尿の分泌を促進し、体外に老廃物を排出する働きがあるのでむくみや水太りの解消など、肥満の防止にも役立ちます。

■ お茶の効能

発汗作用
利尿作用
解毒作用
健胃作用
食欲増進作用
リウマチ・肥満・糖尿病を改善

■ 注意点

妊娠中や腎臓に炎症があるときは使用しない。
また長期間連続使用しない。
ジュニパーベリーを浸出する時は、スプーンの背などで軽くつぶしてから使用しましょう。
浸出時間は5分が目安です。

スポンサードリンク






ハーブティーは医薬品ではなく、また医薬品に代わるものでもありません。当サイトで紹介した効果、効果が必ずしも全ての人に保証されるものではありません。
また妊娠中、持病、思い病気などの健康状態に不安があるかたは、事前に必ず医師にご相談してからご活用ください。