ゲンノショウコ茶

下痢には濃い目にして飲み、便秘には薄めて飲むとよい整腸作用のあるハーブ。

ゲンノショウコ茶は古くから『イシャイラズ』『タチマチグサ』等の別名を持ち、下痢に使用するとたちどころに治り、『現の証拠』があることから、いつのまにかゲンノショウコと呼ばれるようになりました。

ゲンノショウコにはタンニンという有効成分が多く含んでおり、夏から秋にかけて刈り取り、日干し乾燥をします。
本来一般的にお茶は薬草茶として煎じて飲みますが、浸出するとより一層香りや薬効が和らぎ、飲みやすくなります。
苦味があり草っぽい香りがしますが、のどごしはサラッとしていて下痢止めには食後に温かいお茶、また便秘には薄めに浸出したものを冷やして飲むと良いでしょう。

肌の炎症を鎮めたいときは浸出液(ハーブティー)で湿布しましょう。

■ お茶の効能

整腸作用
血行促進作用
浄血作用
婦人病を改善

■ 注意点

胃腸の弱い人は常用を避けましょう。

スポンサードリンク






ハーブティーは医薬品ではなく、また医薬品に代わるものでもありません。当サイトで紹介した効果、効果が必ずしも全ての人に保証されるものではありません。
また妊娠中、持病、思い病気などの健康状態に不安があるかたは、事前に必ず医師にご相談してからご活用ください。