マロウ茶(マロー茶)

咳や気管支炎、花粉アレルギーを和らげ、空気中の酸素に反応して鮮やかな青色から紫色へ、色の変化が楽しめます。

マロウのお茶は、鮮やかな青色から紫色にゆっくりと変化し、くせのないフローラル系の味が特徴です。

気管支炎や咳などの呼吸器系の病気を改善したり、タバコを吸い過ぎて咳が止まらなくなった時に飲むと呼吸が楽になります。
浸出液でうがいするとのどの炎症をしずめ、痛みが和らぎます。
また、便通を促す作用があり、からだの毒素を排出するので、花粉症や便秘、ニキビなども改善します。

化粧水代わりに使用すれば、美肌に役立つでしょう。

マロウ茶は水出しすると、より鮮やかな青い色になり、夏の暑い日にはアイスハーブティーにするとより長く楽しむ事ができお勧めです。
浸出時間は5~10分を目安に浸しましょう。

■ お茶の効能

鎮静作用
気管支炎
ぜんそく
花粉症
便秘を改善

スポンサードリンク






ハーブティーは医薬品ではなく、また医薬品に代わるものでもありません。当サイトで紹介した効果、効果が必ずしも全ての人に保証されるものではありません。
また妊娠中、持病、思い病気などの健康状態に不安があるかたは、事前に必ず医師にご相談してからご活用ください。