レモンバーム茶

レモンのような爽やかで甘い香りは、消化や食欲がわきます。
ハーブティー専門店「e-ティザーヌ」写真提供

レモンバーム茶は、レモンのように爽やかで甘い香りがしますが酸味はなく、すっきりとした飲み口です。
後味はやさしいので他のハーブとブレンドしても良く合います。
ペパーミントやレモンバーベナとブレンドすれば香りも引き立つでしょう。

レモンバーム茶は、風邪を引いた時や体力を消耗する夏場に飲むのをお勧めします。
食前食後に飲むと消化や食欲を促します。
肌を清潔になめらかにしたい時は、浸出液を入浴剤代わりに使ってみましょう。
昔から解毒剤や腹痛、歯痛などを和らげるのに使用されてきました。

乾燥や保存は60度以上になると香りが抜け葉の色が変色しますので気をつけましょう。

■ お茶の効能

鎮静作用
鎮痛作用
鎮痙作用
強壮作用
発汗作用
抗ウイルス作用
抗けいれん作用
不眠症
うつ病
神経障害
食欲不振
動悸
アレルギー
消化器系の不調を改善

スポンサードリンク






ハーブティーは医薬品ではなく、また医薬品に代わるものでもありません。当サイトで紹介した効果、効果が必ずしも全ての人に保証されるものではありません。
また妊娠中、持病、思い病気などの健康状態に不安があるかたは、事前に必ず医師にご相談してからご活用ください。