レモングラス茶

レモンの香りで気分をリフレッシュ。胃の働きを刺激し、消化を促すので食後のお茶に最適です。

レモングラス茶はドライとフレッシュの両方の葉が使えます。ドライハーブを使う時は、1~2cmに切ったものを手で軽くもみ、フレッシュハーブは細かく刻むか、手でちぎって使います。
葉に熱湯を注ぐとレモンの香りが漂い、飲むと少し酸味のあるレモンの味がします。

朝起きた時や、眠い時に飲むと気分がリフレッシュします。

胃の働きを刺激し、消化を促進するので食後に飲むと良いでしょう。
おなかのガス排出をする働きがあり、また貧血の予防にもなります。

ドライハーブはフレッシュハーブには爽やかさでは勝てないので、ドライのレモンピールやレモンバームと一緒にブレンドすると良いでしょう。

■ お茶の効能

殺菌作用
血行および筋肉の調子を整える
貧血
胃腸不全
静脈瘤
自律神経失調症
発汗過多を改善

■ 注意点

レモングラスのフレッシュを使う時は、カップ1杯につき、15cmの量を刻んで使用しましょう。

スポンサードリンク






ハーブティーは医薬品ではなく、また医薬品に代わるものでもありません。当サイトで紹介した効果、効果が必ずしも全ての人に保証されるものではありません。
また妊娠中、持病、思い病気などの健康状態に不安があるかたは、事前に必ず医師にご相談してからご活用ください。