ミント茶

イライラや不安な時に飲むと穏やかになります。また消化を助け、胃のもたれやむかつきを解消し、お口を爽やかにします。

ミントは清涼感があり爽やかな香りがしますが、お茶に使うのはアップルミント・ペパーミント・スペアミントの3種類です。
アップルミントは、リンゴの甘さとミントの清涼感が混ざった香りがしますが、乾燥が難しいのでフレッシュハーブを使用してお茶を入れましょう。

ペパーミントはピリッとしていて強い清涼感があります。
ペパーミント茶はメントールの爽やかな風味があり、草っぽいのが特徴です。
イライラや不安があるときに飲むと鎮静作用があるので、穏やかな気分になります。

脂っこい料理を食べたあとや、食べすぎた時にも口の中がスッキリし、むかつきや胃のもたれも解消してくれてお勧めです。

スペアミント茶は、ペパーミントよりも甘味があり作用が穏やかなので、ヨーロッパの人たちに好まれています。
アイスにすると爽やかでお勧めです。
フレッシュハーブを使用するときは軽く洗い、直接カップに入れて熱湯を注いで、そのまま飲むといった方法がお勧めです。

また、口臭予防には2倍の濃度に浸したお茶でうがいをすると良いでしょう。

ミント茶は水出しができるので細かく刻んだ葉を水に10分浸して飲みましょう。

近年、ペパーミントの葉から抽出される精油には、病原性大腸菌O157に対して強い殺菌力があるということがわかったので、ペパーミントの精油2滴を無水エタノール250mlに混ぜて、それをエアコンの除菌やまな板の消毒に役立てると良いでしょう。

■ お茶の効能

殺菌作用
発汗作用
利尿作用
抗けいれん作用
胃腸不全
食欲不振
便秘
腎臓の不調
心臓の不調
貧血
低血圧
膀胱炎
肥満
糖尿病
リウマチ
神経痛
神経不安
花粉症
発汗過多
つわりを改善

スポンサードリンク






ハーブティーは医薬品ではなく、また医薬品に代わるものでもありません。当サイトで紹介した効果、効果が必ずしも全ての人に保証されるものではありません。
また妊娠中、持病、思い病気などの健康状態に不安があるかたは、事前に必ず医師にご相談してからご活用ください。