ハーブティーがもたらすリラックス効果の秘密

古代エジプトから伝わるハーブ。ハーブには自然な癒しのパワーがあります。

ハーブとは、食用または薬用植物のうち、主として葉や茎を香料として利用するものの総称です。
ヨーロッパでは、古くから健康によいとされてきました。
ハーブには自然な癒しのパワーがあります。

ハーブティーはその香りと飲用の相乗効果によって、心と体にリラックス効果とリフレッシュ効果を与えてくれます。
香りを嗅ぐことは、大脳の五感を刺激し、心地よさをもたらせます。
それぞれに効能が異なるので、自分にあったものを選ぶことで、気持ちのゆとりにつながることでしょう。

ハーブには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが多く含まれます。
また、全てのハーブに共通して抗酸化作用があり、老化防止の効果があります。
その他ハーブの持つ香りや有効成分が、脳や血液に送られ、免疫系、ホルモン系、自律神経系に働きかけ、治癒力を自然と高める効果もあります。

ただし、ハーブには刺激の強すぎるものもあり、長期間や1日に大量に飲むことなどは避けましょう。
妊娠中、高血圧、心臓の弱い人、乳幼児は特に注意が必要です。

スポンサードリンク






ハーブティーは医薬品ではなく、また医薬品に代わるものでもありません。当サイトで紹介した効果、効果が必ずしも全ての人に保証されるものではありません。
また妊娠中、持病、思い病気などの健康状態に不安があるかたは、事前に必ず医師にご相談してからご活用ください。